個太郎塾藤が丘教室ブログ  「分からない!」とやる気がでない?

 コンニチハ。個太郎塾藤が丘教室のコタローです。

 5月の連休も終わり、いよいよ中間試験のシーズンです。
 はやいところでは、今週から試験期間というところもあるようです。
 皆さん、シッカリ頑張りましょう!

 さて、今回は「分からない!」と「やる気」です。

 「分からない!」という状況は、多くの人にとってイヤな状態です。
 我々大人もそうです。仕事を進める上で「分からない!」ことが
 多いと正直その仕事がイヤになってきます。
 何故か? それはちっとも仕事が先に進まないからです。

 子供たちの勉強も全く同じです。
 「分からない!」ことが多いと、勉強がそこから先に進まなくなる
 のです。無理に先に進めても、益々「分からない!」状態が
 酷くなるばかりです。なのに学校の授業はドンドン先に進みます。
 「ああイヤだ。もうやめた!」になってしまう訳です。
 「分からない!」は「やる気」をそぐ天敵といって良いでしょう。

 でも「やめた!」といってもそれで許してもらえるほど世の中は
 甘くありません。ではどうしたら良いでしょう?

 「分からない!」が「分かる!」になれば、「やる気」は100倍です。
 では、どうしたら「分からない!」を「分かる!」にできるのでしょうか?

 【ケース1】初めから「分からない!」と思い込んでいないか?
 私の経験では、意外とこのケースが多く見受けられます。
 論理的に分からないのではなく、入口の段階で「こんな問題できっこ
 ない!」と思い込み、考えることを拒絶しているのです。
 簡単にいうと、「分からない!」のではなく「分かろうとしていない!」
 のです。
 例えば、比較的長い英語の長文を見て、読もうともせずに「こんな長い
 長文はとても読めない!」といって中身をキチンと読もうとしない。
 また、数学でいえば、図形をみただけで「図形は苦手!」といって
 考えようとしない。
 このケースでは、本人が分かろうとしていないのですから、何時間
 勉強しても分かるようにはなりません。
 先ず「分からないという思い込み」を払拭しましょう。
 冷静に考えてみましょう。中学や高校の勉強で人知を超えるような
 難しい勉強はありません。落ち着いて取り組めば誰にでも十分理解
 できるレベルの内容です。
 英語でも数学でも、基本を一つ一つ大事にしてコツコツと理解を
 積み上げましょう。
 「落ち着いてやれば自分は絶対に分かる!」と思って勉強に取り組み
 ますと、必ず「分かる!」ようになります。

 【ケース2】過去に習った基本知識があやふやなままになっていないか?
 これもよくあるケースです。例えば、連立方程式の解き方がよく
 分からないという中2生を例にとりましょう。連立方程式の解き方を
 覚えようと思って「代入法」と「加減法」を一生懸命勉強します。
 ところが問題演習をしてみると途中で詰まってしまう。何故でしょう。
 多くの場合、その生徒は「分数の通分の仕方」や「正負の数」「文字式
 の計算」がよく理解できていないのです。
 従って、小学校で習った分数の計算や、中1で習う「正負の数」や
 「文字式」に戻って基本知識を再確認しなければなりません。
 これをシッカリやれば、まず「分かる!」ようになります。

 【ケース3】国語力がネックになっていないか?
 国語の読解問題だけでなく、数学の応用問題や証明問題、英語の和訳、
 さらには理科や社会に至るまで、兎に角「文章」が絡む問題になると
 「分からない!」となってしまうケースもよく見かけます。
 多くの場合、設問の意味を正確に読み取っていないようです。
 これは、前述のケース1にも繫がる問題なのですが、読み取る能力の
 問題というよりは「正確に読んで正確に理解しよう!」という取り組み態度
 に問題があるようです。
 何故そうなるかなのですが、このケースに該当する生徒は、必ずといって
 よいほど普段から文章を読んでいません。
 中学生以上であれば、毎日新聞を読むクセをつけましょう。
 小学生であれば、小学生向け新聞を購読するのもよいでしょう。
 理屈を教えるよりも普段から文章を読むことに慣れることが一番効果が
 あります。半年も続けていると、いつの間にか「分かる!」になる筈です。

 サア、兎に角「分かる!」ようになれば、いやでも「やる気」は出てきます。
 やる気がないと叱りつけるよりも、「分からない!」を「分かる!」ように
 する方が合理的です。

 よろしければご相談ください。お待ちしております。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック