個太郎塾藤が丘教室ブログ センター試験直前の過ごし方

 コンニチハ。個太郎塾藤が丘教室のコタローです。
 センター試験まであと5日となりました。
 今日は、この5日間の過ごし方についてです。

 1 生活態度

  ① 朝型生活に切り替えましょう。就寝は12時、起床は6時。
    これが原則の生活パターンです。試験当日は、どうしても
    朝早く起きて受験会場に向かわなければなりません。
    試験も朝からスタートです。朝にボーっとしていては、今まで
    の勉強が台無しです。この5日間で朝型生活に切り替えて
    ください。

  ② 食事も定時に、バランスのよいものを日に三食とりましょう。
    といっても、普段の食生活と極端に変えるのは考えものです。
    身体には、普段たべているものが一番です。
    なお、どうしても食欲がわかないときは、無理に食べないでも
    構いません。こういうときは、無理はいけません。
    また、注意しなければならないのは、風邪と食中毒です。
    手洗い、うがいは励行してください。
    
  ③ 心の平静が大事です。ただ、心を平静にしようと思って平静
    になるものでもありません。提案があります。
    「感謝」の気持ちをもつようにしましょう。今まで受験勉強を
    支えてくれた親や兄弟、学校の先生、塾の先生・・・。感謝
    する相手は数えきれないほどいる筈です。不思議なもので、
    「感謝」の気持ちでいると、自然に心が平静になります。
    この5日間、精一杯感謝してみましょう。

 2 学習内容

  ① 不安のある単元の確認
     今までの模擬試験等で失点してきた単元をもう一度確認して
    みましょう。復習というよりは「確認」です。今まで勉強に使用
    してきた問題集や参考書で、該当箇所の見直しを行います。
    時間はかける必要はありません。「ああ、これはこういうこと
    だったな。」と確認納得すれば十分です。特に暗記科目に
    関しては必須の直前勉強です。

  ② 英語の長文&単語
     英語の長文は、毎日欠かさずやってください。1問で結構です。
    要は、長文読解能力を弱めないための訓練です。また、単語も
    普段使っている単語帳で普段通り勉強しましょう。普段通り
    やることで、不安はどんどん解消します。

  ③ 数学
     難問を解く必要はありません。計算力を落とさないための
    問題演習をやりましょう。一度やったセンター試験過去問を
    もう一度解くというのも大いにお勧めです。

  ④ 国語
     古文の文法と単語は一通り見直しておきましょう。ハッキリ
    いって、センターの古文は文法と単語です。ここを押さえておけば
    正答率はグンと上がります。
  
 サア、ここまで来たら迷う必要はありません。蓄えた力を思いっきり
 出し切りましょう。そうすれば、キミが目指す大学に必ず合格できます。
 堂々と前進する自分をイメージして充実した5日間を送りましょう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック