個太郎塾藤が丘教室ブログ 受験勉強仕上げのシーズン

 コンニチハ。個太郎塾藤が丘教室のコタローです。
 もうすぐ10月。受験生諸君は最終コーナーを周って直線
 コースに入ったところです。
 これまで一生懸命頑張ってきた努力を結果に結びつける
 ラストスパートのシーズンです。

 今日は、高校受験を控える中3生諸君の留意点です。

 ①英語…学校では中3の教科書は未だ終わっていないと思う
  けれど、もう学校の授業スピードに合わせる必要がないので
  ドンドン先に進もう。
  また、これまで勉強したところの復習も毎日やろう。
  中学英語で大事なのは文法の基本だ。現在・過去・未来・
  完了形・進行形といった時制に関わる問題は間違いやすい
  ところなので特に要注意!
  不定詞や動名詞、分詞や関係代名詞も重要ポイントだ。
  文法事項を中心にシッカリ基本を押さえておくと来春の本番に
  自信がもてる筈だ。
  単語・熟語に弱点をもっているキミは、毎日50語ずつ復習だ。
  20日間で1000語の復習ができる。これを、少なくとも5回繰り
  返そう。特に、忘れやすい単語・熟語は、その都度抜き出して
  「忘れやすい単語・熟語集」を自分で作ろう。
  多分、200~300語くらいピックアップできると思うが、それは
  毎日繰り返しチェックしよう。
  リスニング問題対策のCDも、毎日聴こう。時間は15分程度で
  OKだ。

 ②数学…恐らく多くの中3生には、未習の単元が残っている筈
  だ。「関数」や「三平方の定理」あたりが、これから学習するところ
  かな?いずれも大事な単元なので、焦ることなくジックリ
  勉強しよう。
  中1・中2の範囲の復習も忘れずに! 県立高校の問題は、
  約半分が中1・中2の範囲から出題されている。
  中1・中2の範囲は「応用問題」「発展問題」を中心に演習を
  繰り返そう。
  計算が苦手なキミは、毎日計算練習も欠かさずやろう。
  本番試験では計算問題は満点獲得だ。計算問題で点を
  落さないことが「合格への近道」だ。
  図形の証明問題が苦手なキミは、自信がもてるようになるまで
  毎日証明問題を解いてみよう。
  苦手単元は、10月中に克服しておこう。

 ③国語…漢字と文法は本番試験で満点を取るようにシッカリ勉強
  しよう。漢字と文法は、やればやるほど正答率が上がるので
  手を抜くことなく徹底的に勉強しよう。
  多分、文法では助詞・助動詞あたりが難しいと感じるところだろう
  から、この部分の問題は沢山解いた方がいいと思う。
  長文読解は、難しく考えずにいろいろな問題にあたってみよう。
  もう試験も近いので過去問をどんどん解いてみるのも良い方法だ。
  間違ったところは、解説をよく読んで、「考え方」をシッカリ理解
  しよう。
  古典が苦手という諸君は、中学生用の古典の問題集を1冊やって
  みよう。なるべく薄手の問題集がいい。それを片づけたら過去問だ。

 ④理科…1分野(物理・化学分野)は、夏休みにかなり勉強しただろう
  から、この秋は2分野(生物・地学分野)の暗記科目をシッカリ
  勉強しよう。
  なお、1分野について未だ苦手意識が強くよく理解できていない
  場合には、迷わず塾へいくことを勧める。
  個別指導塾なら、どこでも受け入れてくれる筈だ。もちろん、個太郎
  なら問題なくOKだ。
  なお、本番の試験で良く出題されるのが「実験器具」だ。
  器具の名前や使い方等はシッカリチェックしておこう。

 ⑤社会…恐らく学校の授業では公民をやっている筈だが、公民は
  中3生諸君にとってイヤな学科かもしれない。
  普段、あまり考えたことのない経済の話や憲法の話など、一寸
  取っつきにくいところがあるだろう。
  でも、歴史に比べれば、圧倒的に覚えることも少ない科目だ。
  「覚える」というよりは「理解する」ことが大事だ。
  学校の先生もプリントを渡したりしていろいろ工夫しているようだ。
  学校から渡されたプリントは大事にしよう。
  歴史は、この段階でほぼ勉強が終わっているのがベストだが、
  仮に終わっていないとしても未だ間に合う。
  マイクリアや教科書ワークなどを利用してシッカリ復習だ。
  地理はどうかな? 中1のころに勉強したところだから忘れている
  部分も多いと思う。歴史同様シッカリ復習して欲しい。
  地理を復習する上で注意してもらいたいのは「地形図」だ。
  「地形図」の問題は必ず出るといって過言ではない。
  記号を覚えるとともに「地形図」の読み方をキチンと習得しよう。

 以上が、今の段階での受験勉強の留意点です。
 なお、私立難関校を目指しているキミは、志望校の出題傾向に
 馴染むためにも過去問をシッカリやりましょう。
 英数国とも難問が出るのでその準備は怠りなく! 
 ただ、難関校といっても難問だけではない。基本的な問題も沢山
 出ます。そうした基本的な問題でポカミスをしないことが合格を確実
 にするポイントです。

 受験勉強ができるのは、泣いても笑ってもあと4カ月です。
 悔いのないよう、思いっきり勉強しましょう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック