個太郎塾藤が丘教室ブログ 英単語の覚え方

 コンニチハ。個太郎塾藤が丘教室のコタローです。
 9月も第2週目。もう夏休み気分は払拭しましたか?
 まだ「夏の日の思い出」に浸っているキミは、今週中に
 現実世界に戻りましょう。

 さて、本日は「英単語の覚え方」です。
 単語だけ覚えても、英語の実力はなかなか上がりません。
 しかし、単語力が弱いと、英語の実力は絶対に上がりません。
 即ち、「単語力」は英語力にとって、十分条件ではありませんが
 必要条件であることには間違いありません。

 従って、英語を勉強する中高生は、否が応でも「英単語を覚える」
 という地道な作業を続けていく必要があります。

 では、どうやったら単語力がアップするのでしょう。
 単語力に難があるキミは、先ず「単語の覚え方」に問題がある
 可能性大です。

 例えば、こんな風です。
 
 ①事前に単語を調べていない。
 少なくとも、学校の授業を受ける前に意味の分からない単語を
 辞書で調べておくのは最低限の常識ですが、ちゃんとやっていま
 すか?
 単語力が弱い生徒の大半は、この作業を怠っています。

 ②辞書で調べても単語帳を作っていない。
 折角辞書で知らない単語を調べたのに、教科書の隅に鉛筆でメモ
 する程度で、キチンとした単語帳を作っていない生徒も非常に多い
 ようです。
 単語力に自信がないという生徒に、「単語帳作っている?」と訊くと
 大抵は「作っていない」という答えが返ってきます。
 単語というのは一度覚えても必ず忘れます。しょっちゅう繰り返して
 復習することで次第に記憶に定着していくものです。
 単語帳を作らないと、この「繰り返しの復習」ができません。

 ③単語を覚える時、声を出していない。
 単語力が弱い生徒に共通する勉強法です。単語を覚える時一生
 懸命「黙読」しています。
 しかし「黙読」では効果的に単語を覚えることは困難です。
 せいぜい20語もやれば眠たくなるのがオチです。
 単語は、必ず「音読」(声に出して読む)して覚えましょう。
 考えてみてください。我々が子供のころ言葉を覚える際、字をみて
 「黙読」して覚えたでしょうか? 違いますね。
 先ず「耳で聞いて、それを真似して喋ってみて」覚えた筈です。
 英語も言葉ですから、字よりも前に「耳」と「口」から覚えるのが、
 まっとうな順序です。
 小さな声ではなく、大きな声で「音読」して覚えましょう。

 ④単語を覚える時、紙に書いていない。
 英語の試験にはリスニングやスピーキングもありますが、やはり
 メインは「筆記」です。スペルミスは英語の試験の大きな失点
 要因です。
 また、実際に手を動かして紙に書くことで良く覚えられるように
 なります。

 ⑤辞書の最初に載っている意味だけ覚えている。
 これは、どちらかというと高校生について問題になることなのです
 が、辞書の最初に乗っている意味しか覚えていない生徒が
 結構います。
 ところが、同じ単語でも色々な意味をもっています。
 例えば、「solution」という単語があります。既に日本語にもなって
 いる「ソリューション」ですが、これには「解決(策)」という意味と
 「溶解」という意味があります。
 もし「解決(策)」だけ覚えていると、「a chemical solution」を
 「化学的な解決策」というような「珍訳」をする羽目になります。
 「溶解」という意味を知っていれば「化学溶液」というまっとうな訳
 にたどり着くことができます。

 ⑥たまにしか勉強しない。
 これは、英単語に限ったことではありませんが、たまにしか勉強
 しないのでは、覚えるものも覚えられません。
 単語の勉強を週に1~2回程度しかしなくて、「単語はなかなか
 覚えられない」などというのは、ある意味で「当たり前」です。
 週1~2回の勉強で、どんどん単語が覚えられたら、貴方は
 「語学の天才」です。そういう天才は、1万人に1人か、100万人
 に1人かは分かりませんが、そうそう滅多にいるものではありま
 せん。
 そもそも英語は毎日学習するものです。その毎日の学習の
 メニューの1つが「英単語」です。
 毎日勉強しなければ、英単語は覚えられません。

 以上、英単語が弱い生徒の勉強の仕方をザッとみましたが、
 英単語を効果的に覚えられるようになるためには、この反対
 のことを実践すれば良いのです。

 即ち、
 ①英語の勉強は毎日やる。
 ②授業前に分からない単語を辞書で調べる。
 ③辞書で調べた単語は単語帳に記入。
 ④作った単語帳は機会あるごとに繰り返し復習。
 ⑤単語を覚える時は、声を出して読みながら紙に書いて覚える。
 ⑥いくつも意味のある単語は、2番目・3番目の意味もシッカリ
  覚える。→例文とともに覚えるのが極めて効果的。

 以上を、徹底して励行することで単語力は飛躍的に向上します。

 なお、受験年次になって単語帳らしきものが出来ていない場合には
 迷わず市販の単語帳を購入し、上記①⑤⑥に従って毎日確実に
 実力を上げていってください。
 なお、「ターゲット」等市販の単語帳にはCDもあるようです。
 CDを活用して本場の発音を聞きながら自分も発音してスペル練習
 するという方法を使うのも更に効果が上がるのではないかと思い
 ます。
 
 単語が全てではありませんが、単語力は英語の基礎になる力
 ですので、シッカリやって損することはありません。
 頑張りましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック